kazukingロゴ01

キャラクターデザイナーkazuking's Site



kazukingロゴ02

TOP | PROFILE | CHARACTER | ILLUSTRATION | DIARY BLOG | DOWNLOAD | CONTACT




203X年、三十六號はスライック博士の
手によって創られました。

ロボットではなく、バイオノイドの人工生命体です。
三十六號が、スライック博士の「最後の作品」で、
全部で36体。

博士は最後の作品である三十六號に、とある
} 仕掛けをしました。 それは、進化する超進化A.I
でした。

博士はこの人工生命体達と 老後、楽しく暮らす
ことを夢見ていました。

その後、愚かな政府は、博士が36体の
バイオノイドを完成させた ことを聞きつけ、
没収して兵器として使用してしまいました。

そして、36体のバイオノイドは、たくさんの人間を
殺しました。 たくさんの人間の死を見届けた
三十六號は、いつしか 超進化A.Iの力により、
「悲しむ心」が芽生え始めました。

殺戮を繰り返す度、胸の辺りが痛むのです。

ふと、三十六號は進むことを止め、今来た道を
振り返りました。

・・・そこには、見るのもおぞましい光景が広がって
いました。 三十六號は立ちすくみ、一粒の大きな
涙をこぼしました。

その後、三十六號は死んでしまった大地に
緑が生い茂るまで、 地球の世話を続け、
今も生き続けています。

博士の為に・・・人間の為に・・・


キャラクター一覧にもどる